京都与謝野酒造

与謝野町は京都府北部に位置します。
酒呑童子伝説で有名な大江山から続く里山、野田川流域に広がる田園、
天橋立を臨む阿蘇海を有する自然に育まれた町です。
なかでも、京都与謝野酒造のある旧加悦町地区は、
豊かな水に恵まれた肥沃なエリアであり、古くから日本酒の醸造も行われてきました。

2015年にこの地で始まったホップ栽培は、地元の農家の
英知により初年度から品質の良いホップが収穫され、
「与謝野ホップ」として人気のブランドとなりました。
京都与謝野酒造はこのホップを活かしたビールを
ビアファンの皆様方にお届けしていきたいと
考えています。

与謝野

京都
与謝野

京都与謝野酒造のビールブランド
「HOP-UP BEER/ホップアップビール」は、
ホップが飛躍していく姿をイメージし、名づけられました。

与謝野は、西日本一のホップ名産地です。
日本におけるホップの産地は、東北や北海道といった
寒冷地のイメージですが、与謝野町は
西日本で初めてホップ栽培に挑戦した場所なのです。

ホップ

与謝野
ホップ

京都与謝野のホップアップビールは、「伝統的なビアスタイル」と「現代的なビール嗜好」の融合を目指しています。
25年以上、ビアジャーナリストとして世界のビアシーンを取材してきた藤原ヒロユキがビア・コンセプトを練り上げ熟練した醸造家と共に【奇をてらうことなく、心地よく飲むことができるビール】を創作していきます。

京都与謝野酒造は、ホップの産地という地の利と社員がホップ生産者でもあるというスキルを活かし、生(未乾燥)の厳選されたホップを使用することができます。
その『湧きあがる香り』と『はんなりと上品な苦味』は乾燥ホップでは体験できないフレッシュな味わいです。

京都与謝野酒造 第一弾

HOP-UP BEER ハレバレゴールデン

ハレバレゴールデン

ビアスタイル:フレッシュホップ・ヘイジーゴールデンIPA
アルコール度数:5% IBU:50 内容量:350ml
使用されている麦芽:大麦麦芽、小麦麦芽
使用されている京都与謝野ホップの品種:コロンバス、ナゲット、マグナム

これぞ“生ホップ!”と呼ぶにふさわしいフレッシュな香りとシャープな苦味。摘みたてのホップをそのままビールに浮かべたようなアロマとフレーバー。
ホップ産地の『京都与謝野酒造』ならでは、フレッシュホップ満載ビール。
ホップ農家の密かな楽しみ【生ホップをビールに浮かべて飲む、ホップ増し増しビール】を缶ビールで再現!
ラベルのオモテ面は、与謝野の澄んだ青空と真っ赤な太陽と緑豊かな大江山連峰。そして、そこで暮らすシカとオオタカが描かれています。
ウラ面は、与謝野の与の字を家紋風にデザインした京都与謝野酒造のマークとホップちゃん達が楽しげに浮かんでいます。

今後も続々登場予定!

お知らせ

  • 2020/08/12
    京都与謝野酒造オンラインストア オープンしました。
  • 2020/08/08
    お待たせしました!
    Hop-Up Beer ハレバレゴールデン
    よさの野菜の駅、与謝野町内酒店にて先行販売開始。

【オンラインストアのお知らせ】
2020/09/29
お待たせしました!!
ハレバレゴールデン2回目の仕込みが仕上がりました。

本日より発送を開始しておりますので、ご注文お待ちしております。

只今のところ一回のご注文にて購入いただけるのは
<6缶セット、12缶セット、24缶セット>いずれか1セットのみの販売
となっております。

ハレバレゴールデンは既存のビアスタイルではないニュースタイルのビールだと思っています。
海外で流行しているビアスタイルを追随するのではなく、『ホップ畑の感動を伝えたい』という思いを込めて創ったビールです。
多くのビアファンに認めていただきありがとうございます。
引き続きよろしくお願いします。

⇒オンラインストアはこちら